日々の微々たる備忘録

アイドルやお笑いや音楽などエンタメに関してのブログ

氣志團「万謡集」が良かった件

今年、結成20周年を迎える氣志團が新しいアルバムを出しました。

その名も「万謡集」。

ぶっちゃけ発売前からとんでもなく期待してました。

氣志團 / ~KDTV氣志團結成20周年記念アルバム「万謡集」全曲紹介~ - YouTube

この豪華すぎる楽曲提供陣。

全体の感想は最後に書くとして、気になった曲の感想書きます。

 

・スポットライト

ドレスコーズの志磨遼平の楽曲提供曲。

志磨曰く「かっこいい翔やんに言わしてみたいことを全部言わせてみた」とのことで。要約すいません。

確かに詞は翔やんじゃないと似合わないクサい言葉の勢ぞろい。

ボーカルは他の曲より少し癖が強い印章。

ただギター、ベース共にめちゃくちゃかっこいい!

志磨さんの作る曲は他の曲を聴いても美しく綺麗で。

その世界観を氣志團に向けただけでこんなに氣志團らしくかっこよくなるのかと思いました。

 

・恋するクリスチーネ

BUCK-TICKの櫻井、今井の楽曲提供曲。

何だこれは。イントロのギターからもう既にバクチクすぎる。

このアルバムの中でこの曲のギターの音が一番好きです。

歌詞を覗いてみても「終わんないCarnival」だったり「ギラギラ」だったり氣志團の曲っぽいフレーズが入ってたら遊び心も満載で。

後でも言うけどこのアルバム、とにかく氣志團愛が強い。

これライブで1番聴きたい。

 

・バームクーヘン

森山直太朗御徒町凧の楽曲提供曲。

直太朗さんらしい独特の世界観を丁寧に描写してくるから想像しやすい詞。

メロも落ち着いててバンドの音が聴きやすそう。

単純に良い曲で20周年の氣志團がこれを歌ってるから染みる部分は絶対にあって。

これからより前に進むことへの葛藤とか勇気とか全部含めて背中押してくれるような曲。

個人的には放課後の帰り道を思い出します。

 

・羅武尊寓

脚本家として名高い宮藤官九郎の楽曲提供曲。

これもおもろい曲。

良いメロ、氣志團らしいアメリカンなアレンジに加えてギミックで急にメタルになったり。

これを作る前の元々のタイトルだったらしい「俺んとこ来ないで」も聴いてみたかった。

めちゃくちゃ20周年にふさわしくて氣志團はキャリアを積むごとに俺たちに着いて来い!っていうセリフにいろんな感情がこもって聴こえる。

氣志團らしいラブソング。

 

・はすっぱ

待ってました。

ヒャダインこと前山田健一の楽曲提供曲。

イントロから「絶対ヒャダインやん!」っていう感じがプンプン。

何でもこの曲の主人公は「岩手出身のバツ3のストリッパー」だそうで。

この独特の世界観にちゃんと入り口と出口が別々になってるのが凄い。

バンドマン達が楽曲提供してきたこのアルバムですが、前山田健一っていうポップスの天才が曲を書いても当てはまっちゃうのが氣志團の凄い所。

ヒャダイン独特のファンクだったり情熱的なタンゴの要素だったり。

綾小路翔の音域をフルに使ってます。

やっぱり翔やんの女型を引き出すのは前山田健一しかいませんでしたね。

 

・フォーサイクル

もう今やすっかり氣志團とも盟友になった10-FEET、TAKUMAの楽曲提供曲。

10-FEET×氣志團って感じがめちゃくちゃします。

イントロのベースも詞の内容からも独特の詞の乗せ方も何から何まで10-FEETを感じれて。

ただこの青臭さみたいなのは氣志團ならではなんだろうなーと思ったり。

京都大作戦で聴いた時から鳥肌立ってかっこいいと思ってました。

音楽の日でのパフォーマンスもかっこよかった。

こういうゴリゴリのバンド曲でも氣志團は当てはまっちゃうんですよね。

 

・蒼き独裁者に告ぐ

GLAYTAKUROの楽曲提供曲。

約9分ある大作。

初っ端のAメロの段階からGLAYくせ〜ってなるんだけど4分過ぎたあたりから氣志團らしさ全開で総合的に氣志團にしかできない曲にちゃんとなってて。

それもそのはず、曲のほとんどが翔やんのポエトリーディングなわけです。

氣志團のこの部分、ある人から見たらコミックバンドだって揶揄されかねない部分なわけですがちゃんと聴くと突き刺さります。

ちなみにTAKUROさんの書いたセリフ、そのまま翔やんが変えたくないから歌っちゃったそうです。だから7分もあんのか。すげぇわ。

 

・リーゼント魂

作曲は斉藤慶一、作詞は秋元康です。

氣志團の象徴でもあるリーゼントに当てはめて自分がどれだけステレオタイプになってもずっと現役のまま前に進んでいくという曲。

氣志團の“青臭さ”が好きだ。綾小路 翔のやんちゃな生き方は、20年経っても変わらない。
あの頃に見ていた夢は、まだ、錆びついていないんだ。
今、夢を見ている人も、昔、夢を見ていた人も、氣志團の音楽は胸にしみる。

万謡集の特設サイトの秋元康さんのコメントです。

最後まで吠える翔やんに感動しました。

 

氣志團「万謡集」感想

この他にもユニコーンのABEDON、横山剣鬼龍院翔藤井フミヤ藤井尚之兄弟、真島昌利大槻ケンヂNARASAKI

…ちょっと豪華すぎませんか。

 

若いイケメンなバンドマンが「アイドルバンド」って揶揄されてる現状で個人的に「アイドルバンド」として意味がしっかり通ってるのは氣志團だと思います。

 

元々は偶像だった個性がメジャーになり、20年経ったらフォーマットとして根付くこのかっこよさ。この豪華な楽曲制作陣がみんな、氣志團っていう1つの個性に反映させることができるって本当に凄いと思う。

 

どれだけ凄い人が楽曲を提供しても氣志團のアイドル性、バンドであるがゆえの個性、綾小路翔のボーカリストとしての幅、エンタメ性溢れる氣志團じゃないとできないアルバムがここにあります。

 

秋元康さんのコメントにもあったように今夢を見ている人も見ていた人も氣志團の音楽は確かに突き刺さります。

 

それはこれまでの過程を含めてやっとここまできた20周年、その記念すべきアルバムの最後に「引退しねぇ、ずっと現役のまま」と吠え続ける氣志團に勇気をもらえるからだと思います。

 

今も、これからも突っ張るであろう氣志團の背中を見ながらまだまだ追いかけていきたいと思います。