日々の微々たる備忘録

アイドルやお笑いや音楽などエンタメに関してのブログ

永遠に中坊

私立恵比寿中学の新譜「エビクラシー」が発売され、週間アルバムセールス1位を記録しました。

 

あの一件があって以来、一挙手一投足に注目が浴びる最近のエビ中

そんな中でしっかりメッセージを感じれるのはやはり音楽活動なんだなと実感しました。

エビクラシーはアイドル史における名盤です。

アルバムを聴き重ねると色々なことを思いました。

 

感情電車。

私立恵比寿中学 『感情電車』Music Video - YouTube

このMV、色んな感情を刺激してきます。

「大人はわかってくれない」「ポップコーントーン」などのたむらぱんさんが提供してくれる楽曲はエビ中の1つの側面としてある思春期、青年期の一瞬の高揚感、悔しさ、焦燥感、ルサンチマンみたいものをギュッと凝縮して叙情的な曲にしてくれる。

今回の感情電車は先の2曲とはどこか一線を画して色んな事を投影して聴けます。

自分は「心に穴が空いた後に前を向くまでの過程、前を向いたその瞬間、前を向いたその後の曲」と解釈しています。

このグループの過程、あの一件のことから生み出された全ての嬉しかったこと、楽しかったこと、悲しかったこと、悔しかったこと、色んな感情を詰め込んだ感情電車。

歌詞の中にある通り、このグループはもうどこにも止まれません。

この曲から覚悟も伺えます。

 

なないろ。

私立恵比寿中学 『なないろ』Music Video - YouTube

戦友レキシ・池田貴文さんが提供した曲。

今やブレイクアーティストとなった池ちゃんはエビ中と共に1つの番組を作り、名曲「頑張ってる途中」を提供してくれました。

なないろは池ちゃん独特のどこか暖かみのある可愛らしいポップス。

Mステでもパフォーマンスして話題になりました。アイドルが幅を広げる今のJ-POPって良いなって思える曲です。

 

この曲の「君」はエビ中ファミリーのことを歌った曲なんだと解釈しています。

「空(=りななん)」を見て泣いていた君(=エビ中ファミリー)が、やがて笑い、なないろ(=空にかかる虹)の想いの私たち(=エビ中)と、また、つながれるのを、陽のあたる場所で(=先に前に進んで、莉奈の想いを受け継いで)待っている、といった含意のある曲だと解釈しました。

池ちゃんがこの曲をどんな想いで作ったのか計り知れません。

どれだけ売れても側にいてあげてほしい。

 

フォーエバー中坊

先の2曲とは違って今までのエビ中らしいおもちゃ箱ソング。

しかし、アルバムを開いて聴いた時に1番涙が溢れたのはこの曲でした。

ヒャダイン節全開のドキュメンタリー性ある曲でエビ中ファミリーなら分かる「遊び」の部分がたくさん詰め込まれた、

楽しく「私立恵比寿中学」を歌った曲。

 

サビの歌詞に強く胸を動かされました。

永遠に 永遠に 永遠に 中坊

向こう見ずで 一方通行
青春は  今この瞬間
迷わず 進め 行けばわかる

永遠に 永遠に 永遠に 中坊

ケンカするほど 高まる友情
世間知らず 怖いもの知らず
フォーエバーに中坊

 

ヒャダインが、エビ中が、ずっと変わらない、そこに在り続けることを歌ってくれる。

この事にとても感動しました。

あの一件だけではなく、エビ中には壁が多すぎました。

その壁を乗り越え、退けた後は毎回この曲の様な元気いっぱいに「私たちは私たち!」と歌声を届けてくれる。

エビ中と長年付き合ってきた前山田健一さんだからこそ作れる楽曲。

アイドル応援してて不変であることに感動することは中々無いです。

あの時、自分がハマったエビ中は何が起きても、どれだけ人気になっても、今もずっとそこに在り続けている。永遠に中坊。

ヒャダインありがとう。

 

今回の新譜「エビクラシー」はエビ中のどのアルバムよりもシンプルさみたいなものを感じました。

さっぱりとした飾りっ気の無いアレンジが逆に目立っていて、それがセンチメンタルに儚さだったり切なさだったりがアルバム全体に漂っています。

もちろん「エビ中らしさ」みたいなものも含めてのシンプルで、フォーエバー中坊がそれを示していると思います。

美しく見せるために削ぎ落としたものを美しく見せることが今のエビ中にはできると思います。

 

エビ中がいつでもエビ中でいてくれることに自分は救われていると気づきました。

「エビクラシー」は彼女たちなりの革命の狼煙を上げたそれこそ「デモクラシー」的作品。

人間味も楽曲性も一学年上がった私立恵比寿中学の名盤をおすすめします。