日々の微々たる備忘録

アイドルやお笑いや音楽などエンタメに関してのブログ

キングオブコント2016

コント日本一を決める賞レース、キングオブコント2016が行われました。

このブログは批評ってわけじゃないです。

ただ思ったことを書きます。

コントのあらすじは書かないんで気になった人は見てください。

 

ファーストラウンド

・しずる

建物の中に人がいないってツカミの段階でのウケが微々たる差はあってもずっと続いた気がするけどしずるっぽい2人の会話から世界観が派生していくネタでした。誰もいないボケ連発だったとしても世界観、人物像がしっかり分かってしずるの円熟味を増したことがよく分かる良いコント。お芝居。トップバッターなだけに会場がネタに比例して静かな入り口から上っていったけど良い場所に落ち着いてたし、点数に関してはトップバッターってのがどうしても、、。

 

ラブレターズ

いやー、楽しかった。

ラブレターズ、ネタの幅広いというかオンリーワンな感じ出てたと思う。溜口さんの1人喋りの時点でウケてたさらラブレターズのワードとかテーマとか世界観でより笑いたかった感あった。ライブならウケるだろうけどキングオブコントは、、。って感じなのかな。

この大会で1番好きなコントでした。

勿体無い。面白かった。

 

かもめんたる

「念」。念て。すげーなー。漫画的表現というか。めちゃめちゃなことやってるんだけどかもめんたる、特にう大さんだからギリギリ伝えれてる所あって。自我を持ち始めた念って何やねん。あともう少し、う大さんのワードをう大さん本人から聴きたかったけど。

こういう世界観は好きな人しか好きじゃないのかもしれないけど「かもめんたる」っていうのが出てたしどのファイナリストより独自性強かった。この大会で1番笑ったコントでした。

 

かまいたち

好き嫌いの部分でツカミ見た時に安易に感じたけどその後の首が取れる手品の見せ方大喜利というかボケのパターンが全部面白いし山内さんのリアクションもハマってたから安心して見れた。ただ、点数が思うより。って感じでした。関西芸人が審査員にいたら少し変わってた…のかな。番組内でも山内さん、池田さんのキャラはハマってたなー。

 

・ななまがり

準決勝で爆発した茄子持ち上げる時だけ左利きだよが審査員にはハマらなかった模様。

ワードセンスどうこうより2人が面白がってることとかここで笑わせたい!が出てたし自分は好きでした。ただ、もっと面白いのよ。ななまがり、来年も決勝来てほしい。もっとバカバカしいのやってほしい。今回のはちょっと悪い意味で粗かったのかもしれない。そのくせ、変にシステムじみてたし。

初瀬さん、森下さんの良い部分も自分達のコントに飲み込まれてた感あったのが残念。

この大会で1番印象に残ったコントでした。

また来年見たい!!

 

ジャングルポケット

それまでのジャンポケの評価だった「トリオの配役を上手く使えてる」とか「演技が上手い」とかを日村さんも言ってたけど超えた気がした。ここはずっと進化してるというか自分達が何を付けたらもっとコント師として評価されるかを模索して努力してるグループだと思った。斉藤さんが1人突出せずネタの一部になってたなってたと思う。

古典的?なのかは分からないけどトイレの個室を開けっ放しとか閉めるんだけど一緒に入っちゃうとか下ネタの部分だったりで言い方悪いけどそういう安易さで笑わせてたのがすげぇ面白かった。

本当にこういう言い方したらあれなんだけどキャリアとか芸風が影響して「意外と」が付いてたのが今回でちゃんと「実力派コント師」になったイメージ。

 

・だーりんず

「童貞」ってワードが入っちゃって審査員も観客も視聴者もみーーーんな、変な感情入ってたっしょ。

設定はトップクラスだし2本目見たかった。だーりんずは設定とそれに派生するネタの広がり方が本当に凄い。上手い。ただ、何言うてんねんこいつら笑いの人の後ろでやるとちょっと弱く見えるのは残念。だけどいつか評価されるはず!

 

タイムマシーン3号

これは…また別枠だったなー。

どうしても有吉の壁で一度元ネタを見ちゃっててその時点であー、これねってなっちゃって中盤からフィクション感バリバリの狂気ある世界観に持っていったのもフィクション感ある所がタイマらしいっちゃらしいけど好きではなかったかなー。

2本目の感想でも言うけど2人の持ってるものを当てはめてる感じがした。

しかし何をしてもウケるというかやっぱ才能がすごいと思う。体型もネタの方向性も中身も全てウケやすいしそれがこのコンビのベーシックなのが凄くて芸人をやる上で有利。程よいバカバカしさで笑いやすいし。

より漫才が見たくなりました。

 

ジグザクジギー

2013年大会にデスダンスを披露して3年後、原点回帰して戻ってきたジグザクジギーでした。分かりました、原点回帰。繰り返しの天丼パターンはこのコンビの得意としてるところなんですが、正直ここまできたらネタの構成が被りすぎてちょっと弱かった部分はあったけどシチュエーション自体はかなり面白かった。

コントのトレンドが自らの得意分野と被ったのが残念、、。

 

・ライス

こんなこと言ったら元も子もないけどたぶん文面で見た時のネタの質はライスが1番だったと思う。正直、アクターとかインパクトとしてのライスは弱いかなと思ってた部分はあったけど緻密なネタの力が上回った気がする。

繰り返す系のシンプルなネタの中にも起承転結があったし見せ方も多種類で飽きなかったなー。ネタの質相応にウケたのここだけじゃないか、、。

 

ファイナルラウンド

かもめんたる

冗談どんぶり。冗談を言いたいがためにヒッチハイクを拾ってるって狂気にその人間のストレスをおかずにメシを食うっていう性癖?でより狂気が増してた。ただ、序盤でインパクトあった笑い取れてたら良い点取ってたと思うけどなー。このネタのう大さんの発する一言一言がすげぇ面白かった。

 

タイムマシーン3号

タイマ、このネタずっとやってる。

ずっとウケてた。いつもの漫才の仕組みも少し入ってたりしてたけど笑いやすいボケで漫才とはまた違う形で関さんのアクターとしての力が公表されて良かった。

この2人の才能というか正直、何をやってもウケてはきたことが凄いって書いたけどキングオブコントでやるネタでは無い…んじゃないかなーとか思った。ただウケたことで全部正義になっていってた。

一本目よりポップすぎるのも影響して安易に感じてしまった。とか思ったけど見慣れてるからだろうな。あとカメラワーク、何だあれ。

 

かまいたち

正直、このネタって分かった瞬間優勝いった…?って思ったけどそんな甘くないよな。

分かりやすくなるように微妙に改良されてて濱家さんのちょっとのワードが不必要に感じた部分もあったけどネタの仕組みは相変わらずめっちゃ面白かった。

4分間やる上で最初のボケの時点で芯当たってたら最後まで優勝争いできてたはず。

 

ジャングルポケット

斉藤ボケでネタ選びミスるロッチパターンが囁かれてたけどそれよりかはまだ良いパターンで良かった。ただ、一本目より安易というか突拍子も無いって意味の設定でベタなのかもしれなくてそっからの展開も斉藤さん太田さん2人の絡みで進行して…。ジャンポケがこうして人気得てきたのは分かるけど見たいのは一本目みたいなやつー!ってなったかな。まぁ見返してそう思っただけなんだけど。ただ斉藤さん太田さんのパワープレイでも十分笑えて人気がしっかりあって売れてるのがジャングルポケットの凄いところやと思う!

 

・ライス

設定バレた時に真芯当たった感。たぶん芸人審査でも足踏み地響きパターンのネタなはず。

ライスって良いネタするなぁ。面白い。

パワープレーとか狂気とかで引っ張るんじゃなくて緻密な構成、設定、見せ方とかネタの質で優勝したのって全国のコント師のすごい希望だと思う。勿論、過去の優勝者見てパワープレーとかキャラとか狂気とかバカバカしさとかで真芯に当てた方がインパクトはあるんだろうけど。あとアクターとしてのライスはネタの質を程よい演技力というか良い意味で芝居感の無い分かりやすい演技でその良いネタを見やすくしてることがすごいと思う。

優勝おめでとうございます!!

 

・感想

去年のコロチキ、ロッチがウケたことが今大会全体に影響してシンプルで笑う部分が分かりやすい天丼系、繰り返すパターンのコントがトレンドに。ただ、これのキングオブコントでの最頂点は去年のロッチの1本目なんだろうしあの感じの「来るぞ…来るぞ…裏切らないでくれ…」って領域まで到達させるネタって狙ってつくれるとのじゃなくてキャラとか芸風も関わるものなのかなーって思う。

まぁそんなネタ作りのこと考えずに見たらハマるかハマらないかの三振ホームランパターンのネタ傾向がトレンドになったのが今大会の個人的な満足度の無さにつながったと思う。

面白いのは前提で言ってますよ。前提で言ってるんだけど傾向とか指針みたいなのがキングオブコントにできちゃったら同系統のネタばっかになっちゃって腹八分目で終わる気がします。

なんだったら好き嫌いで言ったら天丼系の繰り返すパターンはキングオブコントで見たく無い派だし。

観客は去年のM-1でもあって相変わらず悲鳴上げてて別に良い悪いは無いけど苦手ではあったし何より演者が可哀想。去年のキングオブコントみたいな無反応よりマシなことは確かだけど。

審査員の点数からみる審査基準みたいなのは正直ピンとくるものが自分には無いので誰か書くでしょう。

設楽さんの88点問題は賛否あって当然だと思う。一部のバナナマン信者、何故か分からないけどタイムマシーン3号信者が頑張って反論してたけど賛否あって当然の中の英断だと思う。

けどジャングルポケットの一本目と比較して…ってのはいちゃもんつけるほどじゃないけどどうかとは思った。M-12015のジャルジャル、THE MANZAI2012のアルコ&ピースの時も思ってた。一本目と比較して審査して…みたいなのは前からおいおいとは思ってた。

ただ、これと今回の設楽さんの点数はまた話が違うのは分かってます。まぁ設楽さんの減点がなくてもライス優勝だったと思うしいいや。

ただ、松本さんの96点は本人も言ってたけどもう優勝させたい!って思ってつけたんだろうなー。誰か分かりやすい記事書いてください。

 

こんな感じかな?自己満なんで意見ある人Twitterとかこのブログのコメ欄でもいいんでどんどん教えてください!

 

おわり