読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の微々たる備忘録

アイドルやお笑いや音楽などエンタメに関してのブログ

アイドルに何を求めてるの?って話。

アイドルに何を求めてるの?

この前のFNSでメジャーアイドル大集合してメドレー、往年のアイドルソングカバーソング披露、更には48、46のドリームチームが歌うサイレントマジョリティーまでありまして。

見てて思ったんですけど、当たり前なんですが各グループに個性があって需要があって方針がありますね。そしてその個性に魅了されたヲタク達が大勢います。 

ただこういったアイドル大集合企画の時はやたらめったら比較して自分の応援しているアイドルはここが優れてて他のアイドルは全然ダメ!ってニュアンスの事を言いまくる人がたくさんいます。

そこでなんですが皆さん。

アイドルに何を求めてますか?

 

例えばハロプロ

個人的に彼女たちを『見ていたい要素』つまり求めるものは、最高級の歌唱力とダンス。バンドのフロントマンでもあるつんく♂のプロデュースということもあってか、アイドルを越えた歌唱力とダンスのクオリティを誇ります。そしてそこに内在するアイドル性があってアーティストぶって驕るようなことはなく、アイドルでいたいと願う少女たち。ハロプロはアーティスト性、アイドル性、タレント性、全方向に勝負を仕掛けていてそれを行うためには、高クオリティの歌唱力とダンス、キャラクター性が必要になります。そんな基本のことが今忘れ去れつつあるアイドル界で、平成アイドルを牽引してきたハロープロジェクトが原点回帰し今でも『真実のアイドル』を世の中に発信し続けています。その姿が美しく、見ていたいと思う。ハロプロには本物を見せてほしいと願っています。

ただ、アイドルがアーティスト推移してる様にどうしたって見えてしまうのでアイドル特有のキャラクター性、ヲタク視点からの可愛げとアーティストとしての実力のバランスを保つのが難しく中途半端になり良さが分かりにくい部分があります。

 

その次にスターダストグループ。

「こんなアイドル見たことない」アイドル界の中でも一癖あるグループが多いスターダスト。一生懸命。がむしゃら。全力。

表現方法は様々ですがその活動方針は至ってシンプルです。決してハイクオリティな生歌、ダンスでは無いかもしれない。しかしヲタクと共に一生懸命汗を流すことでヲタクは彼女達を本当に応援している気分になれて瞬間的な輝きに魅了され心を打たれます。

時には見守り、時にはアイドルと共に立ち上がり戦うのがももいろクローバーZでいうモノノフ、私立恵比寿中学でいうエビ中ファミリーです。

平成アイドルならではの特典商法や陰の部分がその一生懸命で無邪気な部分によって分かりづらくなっているのでスターダストは他のアーティストの様に純粋にライブや音源で好きになれます。

ただ、どうしてもクセが強い。アクが強い。

元々インディーズからメジャーにのし上がってきたので仕方ないんですが曲も衣装も活動も他のアイドルとは少しずれています。ハマればずっとハマるんですがスキマ産業の一角にすぎません。内輪で盛り上がってる良さを外に出してる感じなので万人ウケはあまりしません。

 

そして48、46系グループ。

言わずと知れた美少女軍団であり、大人数ならではのシステム、戦略でグループ、メンバーの変遷や物語を作りやすくしてあります。

選抜、非選抜のグループ内格差を作ることにより推しメンの立ち位置が分かりやすくなります。そしてそれをヲタクが握手会や選挙など目に見えた形で応援することができる。ヲタクがパトロンになれる一昔前なら夢のシステムです。

そのシステムから出来る各グループ、メンバーの挫折や苦悩、勝利や成功を物語の様に感じることが出来てヲタクもプロデューサーの様に俯瞰で見ることができます。

メディアでの歌手活動は基本口パクです。

そこもルックスや表現力などの長所を生かす上での戦略なので良くも悪くもありません。

ただ、この戦略やはっきりとしたグループ内格差、ヲタクをパトロンにできてしまうようなシステムは世間でもヲタク内でも賛否両論あります。そしてこの大発明の選挙、グループ内格差などのシステムが先走って目立ち、各グループ、メンバーのキャラクター性や実情が分かりにくくあの紅白に出たとしても「どれも同じに見える」と一般の人はよく言います。

 

この様に各アイドルなメリットデメリットは様々あります。

その中で何を求めるかって話です。

しかし先ほども言った様に自分の理想を求めすぎてしまうヲタクも中にはいます。

どこのアイドルが入り口でどのタイミングでハマったかが大事です。

例えばハロプロが入り口ならばスタダの下手な生歌、更に48系の口パクは見るに堪えないでしょう。スタダが入り口なら、ハロプロはリスペクトに値しますが48系の無機質感は相反します。48系が入り口ならハロプロ、スタダなど少人数のグループの面白さがいまいち伝わらずにルックスがどうこう言う事になります。

これは一例なので各グループのヲタクがこうって言ってるわけではありません。

個人的感想ではハロプロから入ってスターダストでよりハマった自分としては今、乃木坂欅坂に注目してるのがすごい意味がわかりません。

元々から熟成しきったアイドルを応援する意味がわからないのは今も変わりませんが。

Bisが解散してからただのアイドルDDになってしまいました。

 

話を戻しまして、自分の応援しているアイドルの良さを無理矢理他アイドルに求めるのはおかしい話です。

初めに言ったとおり各アイドルには方針があるのですから。曲の種類だけでも大きく類別するとハロプロは少女マンガ、スターダストは少年マンガ、48、46系グループはラノベなど個性があります。

例えばというか昨日見たのが「ハロプロは生歌でここまで歌える!48、46系は口パクだからダメ!」とか。

「こうしてアイドル大集合したら更に良さが分かるな。顔面偏差値高い乃木坂最高!」とか。

こうなってくるとメリットデメリットの言い争いでしかありません。

しかし、自分の好きなアイドルグループが自分が求めているものを必ずしも提供してくれるわけでは無いですから難しいですね。

 

自分もおこがましいのですが、アイドルに求めるものと求めていないものがあります。

求めるものは2つ。

「エモさ」と「楽曲」です。

曲が良い悪いは人によって様々なので詳しく言及したりはしませんがアイドルを見てて無機質に感じるのが嫌なのでどれかの視点でエモくあってほしいです。

生歌、口パク関係無くそれぞれにエモさがあります。ももクロの日産、乃木坂のアンダーライブ、どちらにもエモさがあったように。

自分の思うエモいというのは楽曲も単純に関係してきますがその時々に俯瞰で見た時のグループの立ち位置やメンバーの心理、会場やどういうイベントなど様々な事柄が絡み合ってエモいとしています。

例えば、あの伝説の解散をしたBisが今年になってまたプールイ、渡辺さん、松隈さんで復活する際に出した「BisBis」https://youtu.be/p5vcoUZ30wU

なんて超絶にエモいです。

 

こういった自分がアイドルに求めるものを他アイドルに求めるのはおかしい話です。

しかし、先ほども言ったように好きなアイドルが必ずしも自分の求めるものを提供してくれるわけではない。

自分みたいなDDはおこがましくも何とか折り合いをつけてメリットデメリットどちらも見つめてヲタクをしています。

過去には飽和したアイドル界にイライラして全てをぶち壊して現実を見せてくれるBisに大ハマりしたこともありましたが。笑

 

おわり