日々の微々たる備忘録

アイドルやお笑いや音楽などエンタメに関してのブログ

氣志團「万謡集」が良かった件

今年、結成20周年を迎える氣志團が新しいアルバムを出しました。

その名も「万謡集」。

ぶっちゃけ発売前からとんでもなく期待してました。

氣志團 / ~KDTV氣志團結成20周年記念アルバム「万謡集」全曲紹介~ - YouTube

この豪華すぎる楽曲提供陣。

全体の感想は最後に書くとして、気になった曲の感想書きます。

 

・スポットライト

ドレスコーズの志磨遼平の楽曲提供曲。

志磨曰く「かっこいい翔やんに言わしてみたいことを全部言わせてみた」とのことで。要約すいません。

確かに詞は翔やんじゃないと似合わないクサい言葉の勢ぞろい。

ボーカルは他の曲より少し癖が強い印章。

ただギター、ベース共にめちゃくちゃかっこいい!

志磨さんの作る曲は他の曲を聴いても美しく綺麗で。

その世界観を氣志團に向けただけでこんなに氣志團らしくかっこよくなるのかと思いました。

 

・恋するクリスチーネ

BUCK-TICKの櫻井、今井の楽曲提供曲。

何だこれは。イントロのギターからもう既にバクチクすぎる。

このアルバムの中でこの曲のギターの音が一番好きです。

歌詞を覗いてみても「終わんないCarnival」だったり「ギラギラ」だったり氣志團の曲っぽいフレーズが入ってたら遊び心も満載で。

後でも言うけどこのアルバム、とにかく氣志團愛が強い。

これライブで1番聴きたい。

 

・バームクーヘン

森山直太朗御徒町凧の楽曲提供曲。

直太朗さんらしい独特の世界観を丁寧に描写してくるから想像しやすい詞。

メロも落ち着いててバンドの音が聴きやすそう。

単純に良い曲で20周年の氣志團がこれを歌ってるから染みる部分は絶対にあって。

これからより前に進むことへの葛藤とか勇気とか全部含めて背中押してくれるような曲。

個人的には放課後の帰り道を思い出します。

 

・羅武尊寓

脚本家として名高い宮藤官九郎の楽曲提供曲。

これもおもろい曲。

良いメロ、氣志團らしいアメリカンなアレンジに加えてギミックで急にメタルになったり。

これを作る前の元々のタイトルだったらしい「俺んとこ来ないで」も聴いてみたかった。

めちゃくちゃ20周年にふさわしくて氣志團はキャリアを積むごとに俺たちに着いて来い!っていうセリフにいろんな感情がこもって聴こえる。

氣志團らしいラブソング。

 

・はすっぱ

待ってました。

ヒャダインこと前山田健一の楽曲提供曲。

イントロから「絶対ヒャダインやん!」っていう感じがプンプン。

何でもこの曲の主人公は「岩手出身のバツ3のストリッパー」だそうで。

この独特の世界観にちゃんと入り口と出口が別々になってるのが凄い。

バンドマン達が楽曲提供してきたこのアルバムですが、前山田健一っていうポップスの天才が曲を書いても当てはまっちゃうのが氣志團の凄い所。

ヒャダイン独特のファンクだったり情熱的なタンゴの要素だったり。

綾小路翔の音域をフルに使ってます。

やっぱり翔やんの女型を引き出すのは前山田健一しかいませんでしたね。

 

・フォーサイクル

もう今やすっかり氣志團とも盟友になった10-FEET、TAKUMAの楽曲提供曲。

10-FEET×氣志團って感じがめちゃくちゃします。

イントロのベースも詞の内容からも独特の詞の乗せ方も何から何まで10-FEETを感じれて。

ただこの青臭さみたいなのは氣志團ならではなんだろうなーと思ったり。

京都大作戦で聴いた時から鳥肌立ってかっこいいと思ってました。

音楽の日でのパフォーマンスもかっこよかった。

こういうゴリゴリのバンド曲でも氣志團は当てはまっちゃうんですよね。

 

・蒼き独裁者に告ぐ

GLAYTAKUROの楽曲提供曲。

約9分ある大作。

初っ端のAメロの段階からGLAYくせ〜ってなるんだけど4分過ぎたあたりから氣志團らしさ全開で総合的に氣志團にしかできない曲にちゃんとなってて。

それもそのはず、曲のほとんどが翔やんのポエトリーディングなわけです。

氣志團のこの部分、ある人から見たらコミックバンドだって揶揄されかねない部分なわけですがちゃんと聴くと突き刺さります。

ちなみにTAKUROさんの書いたセリフ、そのまま翔やんが変えたくないから歌っちゃったそうです。だから7分もあんのか。すげぇわ。

 

・リーゼント魂

作曲は斉藤慶一、作詞は秋元康です。

氣志團の象徴でもあるリーゼントに当てはめて自分がどれだけステレオタイプになってもずっと現役のまま前に進んでいくという曲。

氣志團の“青臭さ”が好きだ。綾小路 翔のやんちゃな生き方は、20年経っても変わらない。
あの頃に見ていた夢は、まだ、錆びついていないんだ。
今、夢を見ている人も、昔、夢を見ていた人も、氣志團の音楽は胸にしみる。

万謡集の特設サイトの秋元康さんのコメントです。

最後まで吠える翔やんに感動しました。

 

氣志團「万謡集」感想

この他にもユニコーンのABEDON、横山剣鬼龍院翔藤井フミヤ藤井尚之兄弟、真島昌利大槻ケンヂNARASAKI

…ちょっと豪華すぎませんか。

 

若いイケメンなバンドマンが「アイドルバンド」って揶揄されてる現状で個人的に「アイドルバンド」として意味がしっかり通ってるのは氣志團だと思います。

 

元々は偶像だった個性がメジャーになり、20年経ったらフォーマットとして根付くこのかっこよさ。この豪華な楽曲制作陣がみんな、氣志團っていう1つの個性に反映させることができるって本当に凄いと思う。

 

どれだけ凄い人が楽曲を提供しても氣志團のアイドル性、バンドであるがゆえの個性、綾小路翔のボーカリストとしての幅、エンタメ性溢れる氣志團じゃないとできないアルバムがここにあります。

 

秋元康さんのコメントにもあったように今夢を見ている人も見ていた人も氣志團の音楽は確かに突き刺さります。

 

それはこれまでの過程を含めてやっとここまできた20周年、その記念すべきアルバムの最後に「引退しねぇ、ずっと現役のまま」と吠え続ける氣志團に勇気をもらえるからだと思います。

 

今も、これからも突っ張るであろう氣志團の背中を見ながらまだまだ追いかけていきたいと思います。

永遠に中坊

私立恵比寿中学の新譜「エビクラシー」が発売され、週間アルバムセールス1位を記録しました。

 

あの一件があって以来、一挙手一投足に注目が浴びる最近のエビ中

そんな中でしっかりメッセージを感じれるのはやはり音楽活動なんだなと実感しました。

エビクラシーはアイドル史における名盤です。

アルバムを聴き重ねると色々なことを思いました。

 

感情電車。

私立恵比寿中学 『感情電車』Music Video - YouTube

このMV、色んな感情を刺激してきます。

「大人はわかってくれない」「ポップコーントーン」などのたむらぱんさんが提供してくれる楽曲はエビ中の1つの側面としてある思春期、青年期の一瞬の高揚感、悔しさ、焦燥感、ルサンチマンみたいものをギュッと凝縮して叙情的な曲にしてくれる。

今回の感情電車は先の2曲とはどこか一線を画して色んな事を投影して聴けます。

自分は「心に穴が空いた後に前を向くまでの過程、前を向いたその瞬間、前を向いたその後の曲」と解釈しています。

このグループの過程、あの一件のことから生み出された全ての嬉しかったこと、楽しかったこと、悲しかったこと、悔しかったこと、色んな感情を詰め込んだ感情電車。

歌詞の中にある通り、このグループはもうどこにも止まれません。

この曲から覚悟も伺えます。

 

なないろ。

私立恵比寿中学 『なないろ』Music Video - YouTube

戦友レキシ・池田貴文さんが提供した曲。

今やブレイクアーティストとなった池ちゃんはエビ中と共に1つの番組を作り、名曲「頑張ってる途中」を提供してくれました。

なないろは池ちゃん独特のどこか暖かみのある可愛らしいポップス。

Mステでもパフォーマンスして話題になりました。アイドルが幅を広げる今のJ-POPって良いなって思える曲です。

 

この曲の「君」はエビ中ファミリーのことを歌った曲なんだと解釈しています。

「空(=りななん)」を見て泣いていた君(=エビ中ファミリー)が、やがて笑い、なないろ(=空にかかる虹)の想いの私たち(=エビ中)と、また、つながれるのを、陽のあたる場所で(=先に前に進んで、莉奈の想いを受け継いで)待っている、といった含意のある曲だと解釈しました。

池ちゃんがこの曲をどんな想いで作ったのか計り知れません。

どれだけ売れても側にいてあげてほしい。

 

フォーエバー中坊

先の2曲とは違って今までのエビ中らしいおもちゃ箱ソング。

しかし、アルバムを開いて聴いた時に1番涙が溢れたのはこの曲でした。

ヒャダイン節全開のドキュメンタリー性ある曲でエビ中ファミリーなら分かる「遊び」の部分がたくさん詰め込まれた、

楽しく「私立恵比寿中学」を歌った曲。

 

サビの歌詞に強く胸を動かされました。

永遠に 永遠に 永遠に 中坊

向こう見ずで 一方通行
青春は  今この瞬間
迷わず 進め 行けばわかる

永遠に 永遠に 永遠に 中坊

ケンカするほど 高まる友情
世間知らず 怖いもの知らず
フォーエバーに中坊

 

ヒャダインが、エビ中が、ずっと変わらない、そこに在り続けることを歌ってくれる。

この事にとても感動しました。

あの一件だけではなく、エビ中には壁が多すぎました。

その壁を乗り越え、退けた後は毎回この曲の様な元気いっぱいに「私たちは私たち!」と歌声を届けてくれる。

エビ中と長年付き合ってきた前山田健一さんだからこそ作れる楽曲。

アイドル応援してて不変であることに感動することは中々無いです。

あの時、自分がハマったエビ中は何が起きても、どれだけ人気になっても、今もずっとそこに在り続けている。永遠に中坊。

ヒャダインありがとう。

 

今回の新譜「エビクラシー」はエビ中のどのアルバムよりもシンプルさみたいなものを感じました。

さっぱりとした飾りっ気の無いアレンジが逆に目立っていて、それがセンチメンタルに儚さだったり切なさだったりがアルバム全体に漂っています。

もちろん「エビ中らしさ」みたいなものも含めてのシンプルで、フォーエバー中坊がそれを示していると思います。

美しく見せるために削ぎ落としたものを美しく見せることが今のエビ中にはできると思います。

 

エビ中がいつでもエビ中でいてくれることに自分は救われていると気づきました。

「エビクラシー」は彼女たちなりの革命の狼煙を上げたそれこそ「デモクラシー」的作品。

人間味も楽曲性も一学年上がった私立恵比寿中学の名盤をおすすめします。

 

言葉が出ないなら言葉足らずでも

昨日、お昼。

 

悲しい、辛すぎるニュースが目に入ってきた。

初め見た時はどっかのヲタクがコラ画像みたいなのを拡散してふざけてると思った。

 

 

ただ違った。ニュースの発信源がLINEニュースやヤフーのニュースからも出ている。

 

 

え?…え?

何度も確認する。

 

 

は?えーと…え?

いつもより空いている電車の中で何度も何度も確認する。

確認するが文章が目に入ってこない。

 

急いでツイッターを確認する。

フォローしてる人の悲しみの声。

「若くして…残念」「ご冥福をお祈りします」

ご冥福?は?え?どういう?誤報じゃなくて?

 

 

 

徐々に現実が見えてきた。

すぐに目を瞑った。誰もが見たくない現実だからだ。

そうこうしているとラブレターズ溜口さんやヒャダインさんが反応している。

ちょ、待って、え、ちょ、おい

 

 

どうやら現実らしい。流れ星瀧上さんも自身のブログ内で言ってた通り、この時は「らしい」ぐらいだった。

 

 

アイドル好きな友達から一件のラインが来た。

「りななんのやつって…ほんま?」

ほんまやあれへんで

何故かこう返信していた。本当なのに。

 

 

 

TwitterのTLでは皆がご冥福をお祈りしている。

現実を全く受け入れていない電車内の自分。

無性に悲しみの中に怒りとか悔しさが滲み出て来た。

 

そんなすぐに、簡単に受け入れてほしくなかった。誰もが簡単になんて受け入れれるわけないのに。

 

 

気付いた時には「スーパーヒーロー」を聴いていた。

自分から沼にわざわざ足を踏み込んだ気もする。でも、それより、声が聴きたかった。

 

 

僕を呼ぶ声がする 遠く離れたところで

きっと君はひとりぼっちで泣いている

大切なかけがえのない人 すぐ会いたい

飛んでゆきたい

 

 

 

その瞬間、途中下車してうずくまり涙が出てきた。初めて感じた感情だった。

悲しい、辛い、悲しい、辛い、悔しい。

 

 

 

ブログでも、インスタでも、あんなに元気だったのに。なんで、なんで、なんで。

意味のない自問自答。

気がつくと顔はびしゃびしゃ。

まだ現実を見れない。

 

 

バイト中、全く身が入らない。

スティングの最中にTwitterで意味のないことを吐く。それぐらいしないと悲しみが追いついてくる。意味のないことをし続けないと。

 

 

 

Twitterでは追悼するための動画を作り、上げている人もいた。

自分にはどうしても容易にサラッと作れてしまうことが無性に腹が立った。

受け入れらこと自体、難しいのにそのような動画をサラッと作れてしまうことに何故か、何故か。

 

 

バイトから帰る。テレビをつける。

録画していたカルテットでも見よう。

高橋一生の演技好きなんだよな。

あれ?何言ってるか入ってこない。

疲れてるな。何食べようかな。

あ、昨日買ってきてた弁当あるわ。

でも、食欲が全く無いな。

 

癖のようにTwitterを開く。

「ご冥福を…」

杉山さんなどの楽曲提供した人たち、綾小路翔さん、西川さん、流れ星さん、木本さん、天竺鼠さん、石田さん、雑誌ラームのモデルで関わった人たち、アイドルの人たち、そしてエビ中ファミリーの悲しい文章の数々。

 

 

みんな辛い。

みんなどう解釈していいかわからない。

 

 

 

自分があのグループを好きになったのは2011年。その頃はももクロが好きで調べていく内にあのグループ好きになり、初ワンマンのDVDを買ったことがきっかけだった。

 

6年追っている。

その中で嬉しさも悲しさも感じた。

メンバーの卒業だってタイミング的には2度経験した。

 

 

 

そんなことが一瞬で思い出し、泣いた。

泣くことでしか発散できない感情。

 

 

 

 

 

まだ現実を見ることが怖い。

ただ何もしなくても何をしても時間は過ぎていく。

その経過する時間の中で絶対に彼女を忘れないようにしたい。

自分の中だけじゃなく、色んな人の中に彼女を残したい。

忘れない、忘れない、忘れない。

 

改めて。

 

松野莉奈さん、今までありがとう。

りななんがエビ中にいてくれたことでどれだけ楽しかったか、もっと伝えたいよ。

もっとりななんのグングン向上していくあのパフォーマンス見たかったよ。

密かにチェックしてた雑誌掲載でモデルとして認められていくりななんが見たかったよ。

りななんが歌う「できるかな?」を2回見たことがあるよ。1回目はお世辞にも歌が上手いとは言えなくて歌詞を飛ばしてたけど、そんなことどうでもよくなるぐらい美しくてそれも含めて松野莉奈、りななんっていうアイドルなんだと思った。2回目の成長度合いは驚き嬉しくなったよ。エビ中を箱推しとしている自分としてはザキミヤ、みずき、なっちゃん、ひろのさんの時もそうだけど誰か1人欠けることが本当に悲しい。りななんとずっとラジオ内で付き合ってるコントしてたノンスタ井上さんみたくまだポジティブなことは言えないけど、

エビ中をいつもよりもう少し高い所から見守っていてほしい。本当に今までありがとう。

 

ご冥福をお祈りします。

 

私立恵比寿中学 『スーパーヒーロー』 - YouTube

 

 

 

 

 

終わらないギャンブルフライデー

8月10日午前2時、東京は池袋のネットカフェでこの記事を書いています。

夜行バスという名の日帰り手段を逃し、今に至るんですがやはりこっちの方が楽チンですね。

 

さて本題。

アルコ&ピーストークライブ「渋谷の穴」

(アルコ&ピースを知らない人、アルコ&ピースのオールナイトニッポンシリーズ通称アルピーannを知らない人はwiki見てください!)

 

8月9日、アルコ&ピーストークライブ「渋谷の穴」というトークライブに行ってきました。

到着した途端、アルピーannリスナーで立ち見も出るほど?満員御礼でした。

f:id:Yamakyo9322:20160810014458j:image

f:id:Yamakyo9322:20160810014515j:image

 

こっから先ブレてる写真もあると思うんでご了承くださいね。

 

そんなこんなで19時半過ぎ。

アルコ&ピースが登場!

f:id:Yamakyo9322:20160810014718j:image

お客さんからの事前アンケートに沿ってアルピーらしい他愛もない話。

  1. 平子っち、月9撮影秘話。
  2. 酒井ちゃん、体型髪型問題。
  3. シンゴジラ、オリンピックなどの時事問題
  4. 賞レースについて
  5. 酒井ちゃんのキャラパレードのキャラ案
  6. ニッポン放送オールナイトニッポンについて

この部分では「平子り」のオンパレードでオリンピックで体操の日本代表が金メダルを取った話の時に鞍馬の新技に「平子」という技があると平子った時がすげぇ面白かったです。

 

そうこうしていると…

f:id:Yamakyo9322:20160810020039j:image

第3のアルコ&ピース?永島聖羅さんが登場。

永島さんは元乃木坂46のアイドルで、今はホリプロのタレントとして奮闘しております。

永島さんとアルコさんのつながりが知りたい方はググれカスということで。

このトークライブの前に「さしめし」というLINE LIVEの番組にアルコさん、永島さんで出演していたんですねー。

それも含め、本当に3人は仲が良かったです。

乃木坂46「何度目の青空か」も微妙に踊ってました。

 

ここらで前半戦終了と共に休憩です。

休憩中に永島さんが乃木坂の握手会以上に近くにいた事がドルヲタとして緊張しました。

ウーロンハイを頼みました。

 

休憩が終わる前にアルコさんが有名なハガキ職人さんをイジり、壇上に上げて楽しそうでした。

さて後半戦!

ギャンブルフライデーは不滅!

ラブレターズ登場!!

f:id:Yamakyo9322:20160810020754j:image

ということで今回のスペシャルゲストは何とラブレターズ

アルコ&ピースのオールナイトニッポン1部がやってた時にラブレターズオールナイトニッポン0が2部でやってて、ギャンブルフライデーとしてニッポン放送で2014年の毎週の金曜日を盛り上げていた2組。

話が盛り上がらないわけがありません。

ここでは…

  1. オールナイトニッポン0が終わった時の感想
  2. ラブレターズから見たアルコ&ピース
  3. ラブレターズが受けたオールナイトニッポンをやってた時に受けた平子りの再現

f:id:Yamakyo9322:20160810024808j:image

などなどラブレターズが登場することにより会場は大盛り上がり!

そして…

f:id:Yamakyo9322:20160810021501j:image

話の流れからラブレターズ溜口さん、永島さん、永島さんのマネージャー吉村さん、ジェニファーこだまさん、賛同者の方々でテキーラを飲みます。

アルコ&ピースのオールナイトニッポンシリーズではお馴染みのLMFAOのショットがかかりエビバーディ!、その次にキマグレンがかかり酒井さん「キマグレンだーー!!」、その後もことあるごとに酒井さんが煽り、客は騒ぎます。フリースタイルダンジョンのUZIさんのかけ声「ウェイヨー!!」

もう会場は最高潮!!

f:id:Yamakyo9322:20160810024741j:image

 f:id:Yamakyo9322:20160810021809j:image

その音楽関係の流れからラブレターズオールナイトニッポン0でお馴染みの江口洋介さんの愛は愛でを溜口さんが熱唱。

12日にキングオブコントがあるから声を潰したくないと言っていました。笑

 

大団円

最後は酔ってはっちゃけた酒井さんが自分のピンクスパイダーよりぐりんぴーす落合さんのBIGBANGのファンタスティックベイビーがすごいから聴いてほしいと何故か懇願。

f:id:Yamakyo9322:20160810022500j:image

ここまでくると会場も演者も一体になり、もうカオス。自分は何が盛り上がってるかもわからずに盛り上がってました。笑

f:id:Yamakyo9322:20160810022712j:image

そして最後は集合写真の記念撮影。

この写真でもわかるように酒井さん、落合さん、植田さんが仲良かったですね。

みんな楽しそうでした。

 

まとめ。

アルコ&ピーストークライブ「渋谷の穴」

リスナーのアルピーannロスが丁度良い時にアルピーがゲスト、コンディション共に最高のものをぶつけてきた感じでした。

会場の盛り上がりがもうおかしいんですよ。

普通のお笑いライブの盛り上がりじゃない。

 会場の雰囲気、盛り上がりや壇上に上がったハガキ職人さん含め至る所でパーソナリティとラジオリスナーの特別な絆が垣間見れました。

特にアルピーannというラジオは3年やっただけあって共通項になる部分が多すぎる。

あの会場では誰も初対面じゃない、なんだったらもう血縁関係あったんじゃないですか?

そっか、アルコ&ピースとリスナーは「家族」でしたね。

 

おわり。

 

p.sこの文章の流れは確実に順序に誤りがありますが内容はこんな感じだったというものを想い出しながら書きました。

具体的な詳細が書けず、申し訳ないです。

 

最後に。今年1番楽しかったです。

第2回まで!何卒!!

 

 

 

 

 

 

 

アイドルに何を求めてるの?って話。

アイドルに何を求めてるの?

この前のFNSでメジャーアイドル大集合してメドレー、往年のアイドルソングカバーソング披露、更には48、46のドリームチームが歌うサイレントマジョリティーまでありまして。

見てて思ったんですけど、当たり前なんですが各グループに個性があって需要があって方針がありますね。そしてその個性に魅了されたヲタク達が大勢います。 

ただこういったアイドル大集合企画の時はやたらめったら比較して自分の応援しているアイドルはここが優れてて他のアイドルは全然ダメ!ってニュアンスの事を言いまくる人がたくさんいます。

そこでなんですが皆さん。

アイドルに何を求めてますか?

 

例えばハロプロ

個人的に彼女たちを『見ていたい要素』つまり求めるものは、最高級の歌唱力とダンス。バンドのフロントマンでもあるつんく♂のプロデュースということもあってか、アイドルを越えた歌唱力とダンスのクオリティを誇ります。そしてそこに内在するアイドル性があってアーティストぶって驕るようなことはなく、アイドルでいたいと願う少女たち。ハロプロはアーティスト性、アイドル性、タレント性、全方向に勝負を仕掛けていてそれを行うためには、高クオリティの歌唱力とダンス、キャラクター性が必要になります。そんな基本のことが今忘れ去れつつあるアイドル界で、平成アイドルを牽引してきたハロープロジェクトが原点回帰し今でも『真実のアイドル』を世の中に発信し続けています。その姿が美しく、見ていたいと思う。ハロプロには本物を見せてほしいと願っています。

ただ、アイドルがアーティスト推移してる様にどうしたって見えてしまうのでアイドル特有のキャラクター性、ヲタク視点からの可愛げとアーティストとしての実力のバランスを保つのが難しく中途半端になり良さが分かりにくい部分があります。

 

その次にスターダストグループ。

「こんなアイドル見たことない」アイドル界の中でも一癖あるグループが多いスターダスト。一生懸命。がむしゃら。全力。

表現方法は様々ですがその活動方針は至ってシンプルです。決してハイクオリティな生歌、ダンスでは無いかもしれない。しかしヲタクと共に一生懸命汗を流すことでヲタクは彼女達を本当に応援している気分になれて瞬間的な輝きに魅了され心を打たれます。

時には見守り、時にはアイドルと共に立ち上がり戦うのがももいろクローバーZでいうモノノフ、私立恵比寿中学でいうエビ中ファミリーです。

平成アイドルならではの特典商法や陰の部分がその一生懸命で無邪気な部分によって分かりづらくなっているのでスターダストは他のアーティストの様に純粋にライブや音源で好きになれます。

ただ、どうしてもクセが強い。アクが強い。

元々インディーズからメジャーにのし上がってきたので仕方ないんですが曲も衣装も活動も他のアイドルとは少しずれています。ハマればずっとハマるんですがスキマ産業の一角にすぎません。内輪で盛り上がってる良さを外に出してる感じなので万人ウケはあまりしません。

 

そして48、46系グループ。

言わずと知れた美少女軍団であり、大人数ならではのシステム、戦略でグループ、メンバーの変遷や物語を作りやすくしてあります。

選抜、非選抜のグループ内格差を作ることにより推しメンの立ち位置が分かりやすくなります。そしてそれをヲタクが握手会や選挙など目に見えた形で応援することができる。ヲタクがパトロンになれる一昔前なら夢のシステムです。

そのシステムから出来る各グループ、メンバーの挫折や苦悩、勝利や成功を物語の様に感じることが出来てヲタクもプロデューサーの様に俯瞰で見ることができます。

メディアでの歌手活動は基本口パクです。

そこもルックスや表現力などの長所を生かす上での戦略なので良くも悪くもありません。

ただ、この戦略やはっきりとしたグループ内格差、ヲタクをパトロンにできてしまうようなシステムは世間でもヲタク内でも賛否両論あります。そしてこの大発明の選挙、グループ内格差などのシステムが先走って目立ち、各グループ、メンバーのキャラクター性や実情が分かりにくくあの紅白に出たとしても「どれも同じに見える」と一般の人はよく言います。

 

この様に各アイドルなメリットデメリットは様々あります。

その中で何を求めるかって話です。

しかし先ほども言った様に自分の理想を求めすぎてしまうヲタクも中にはいます。

どこのアイドルが入り口でどのタイミングでハマったかが大事です。

例えばハロプロが入り口ならばスタダの下手な生歌、更に48系の口パクは見るに堪えないでしょう。スタダが入り口なら、ハロプロはリスペクトに値しますが48系の無機質感は相反します。48系が入り口ならハロプロ、スタダなど少人数のグループの面白さがいまいち伝わらずにルックスがどうこう言う事になります。

これは一例なので各グループのヲタクがこうって言ってるわけではありません。

個人的感想ではハロプロから入ってスターダストでよりハマった自分としては今、乃木坂欅坂に注目してるのがすごい意味がわかりません。

元々から熟成しきったアイドルを応援する意味がわからないのは今も変わりませんが。

Bisが解散してからただのアイドルDDになってしまいました。

 

話を戻しまして、自分の応援しているアイドルの良さを無理矢理他アイドルに求めるのはおかしい話です。

初めに言ったとおり各アイドルには方針があるのですから。曲の種類だけでも大きく類別するとハロプロは少女マンガ、スターダストは少年マンガ、48、46系グループはラノベなど個性があります。

例えばというか昨日見たのが「ハロプロは生歌でここまで歌える!48、46系は口パクだからダメ!」とか。

「こうしてアイドル大集合したら更に良さが分かるな。顔面偏差値高い乃木坂最高!」とか。

こうなってくるとメリットデメリットの言い争いでしかありません。

しかし、自分の好きなアイドルグループが自分が求めているものを必ずしも提供してくれるわけでは無いですから難しいですね。

 

自分もおこがましいのですが、アイドルに求めるものと求めていないものがあります。

求めるものは2つ。

「エモさ」と「楽曲」です。

曲が良い悪いは人によって様々なので詳しく言及したりはしませんがアイドルを見てて無機質に感じるのが嫌なのでどれかの視点でエモくあってほしいです。

生歌、口パク関係無くそれぞれにエモさがあります。ももクロの日産、乃木坂のアンダーライブ、どちらにもエモさがあったように。

自分の思うエモいというのは楽曲も単純に関係してきますがその時々に俯瞰で見た時のグループの立ち位置やメンバーの心理、会場やどういうイベントなど様々な事柄が絡み合ってエモいとしています。

例えば、あの伝説の解散をしたBisが今年になってまたプールイ、渡辺さん、松隈さんで復活する際に出した「BisBis」https://youtu.be/p5vcoUZ30wU

なんて超絶にエモいです。

 

こういった自分がアイドルに求めるものを他アイドルに求めるのはおかしい話です。

しかし、先ほども言ったように好きなアイドルが必ずしも自分の求めるものを提供してくれるわけではない。

自分みたいなDDはおこがましくも何とか折り合いをつけてメリットデメリットどちらも見つめてヲタクをしています。

過去には飽和したアイドル界にイライラして全てをぶち壊して現実を見せてくれるBisに大ハマりしたこともありましたが。笑

 

おわり